プロフィール

みねる

Author:みねる
日々の些事を綴っています。
年月日に関係なく、関心のある記事がありましたらどなたでもお気軽にコメントして下さいネ。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

フリーエリア

blogram投票ボタン

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

フリーエリア

新規モニター登録
現在の閲覧者数: FC2 Blog Ranking

http://ranking1.fc2.com/link/rankl.php?226823 マクロミルへ登録

QRコード

QRコード

FC2ブログジャンキー

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
去年の5月のお誕生会の様子




昨日は、東雪谷に住む祖父(みーの曽祖父)が入院しているので、
一家でそのお見舞いに行って来ました。

トイレに行こうとして転倒、大腿骨を骨折しての入院でしたが、
肺に水も溜まり肺炎を起こしていて、心臓もかろうじて機能している程度。
97歳だもの、無理もない話し。


歳が歳だから、容態が急変することも大いに有り得る事なので、
まだかろうじて口がきけるうちにお見舞いに行って来られて
本当に良かったと思っています。


みーはかなりびびってました
何せ、祖父の病室は重症患者ばかりいる病室で、
ビニールの割烹着にマスクにを身に付け、消毒をしてからしか
病室には入れないし、祖父以外の患者さんは、呼吸器無しには
自発呼吸もできないような方が同室なので、
みーは見るからに緊張している様子でした。

案の定、夜、その時の光景が思いだされてなかなか眠れず、
メラトニンを飲ませて落ち着かせ、やっと寝たくらいですから・・・
人の生死について色々と質問もされました。
でも、これも一つの経験だと思うので、これで良かったかなと。






その後、病院で落ち合った母を実家の草加に送って行きました。
夕飯をご馳走になりました




090215実織とじいじとばあば-0001

090215実織とじいじとばあば2-0001




プリ・ベリたちはお留守番。帰ってきたら、ゴミ箱はひっくり返って中身が出ているし
ベリーがプリンの毛布におしっこしちゃってました


君達は一体、何をしてたんだい
090216プリ・ベリ




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックのご協力お願い致します
下のどちらか一つ、アイコンをクリックしてくださいね。
いつもクリックありがとうございます
本日もご訪問ありがとうございました。 

    

にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

<< はと麦にハマって | ホーム | チョコを渡しに >>

コメント

そうかぁ。97歳・・・。
みーちゃんも緊張するよねぇ。
うちの子供たちも去年老人ホームに行ったとき、
声でなかったもんね。
独特の空気があるでしょ?
でも、そういう経験も感じることもやっぱり大事だよね。
みーちゃんは感受性の強い子の印象があるから、
余計になにかを感じてるのかもね。
おじいちゃん、もっともっと元気で長生きできますように♪

たまさんへ

赤ちゃんが生まれた病院に行ったことはあるけど、
病院のお見舞いは、ほぼ初めてだったからね。
そうだね。病院の、特に老人ばかりが
入院している病室や、老人ホームの
雰囲気は独特だから、子供は固まっちゃうよね。
でも、これも大切な体験の一つだと思ってるし。
確かにみーは感受性が強いの。トラックで運ばれる牛を見た
だけで号泣して、しばらく牛肉が食べられなくなったり、
あと、私も少しあるけど、みーは霊感もすごく強いしね。
だから、こちらにしてくる質問も、鋭かったりするんだよね。
それにちゃんと答えてやれる親でありたいと
思ってるんだ。

お元気ですね

97歳か~!お元気ですね!
今、上の方へのコメントと
読ませていただきましたが、みーちゃん
感受性強いんですね。
牛をみて泣いてしまうのって
わかる気がします。
でも感受性はとても大切ですよね!
鈍感よりはいいです。
私もその辺は子供達に教えて行きたいと
思ってます。

みねるさんちはワン子は、お出かけの時も
そのままなんですか?
オシッコ…大変でしたね…v-393

大変でしたね

97歳 ご長寿ですね うらやましい
初めてのことは緊張しますよね
私も初めてのお見舞いの後は眠れなくて悪夢(といっていいのか?)
で今考えると寄り代体質全開という(^_^;)
みーちゃんがもう少し大きくなれば霊感も
落ち着くと思うのですがそれまでは親さんがガードしてあげないとね

わんこちゃんは。。。お部屋でストレスだったのかな?
後始末。。。ご苦労様でしたm(__)m

そうか…

まだ小学生のみーちゃんにとっては
なんとも言えない空気だったんだろうね…
「病院」ていうだけでも緊張するのに
高齢の方達ばかりじゃ尚更独特の雰囲気だからね。
みねるさんの言うように、これも一つの貴重な経験だよね。
そして、話が出来るうちに会えて良かったね!

プリ・ベリちゃんはお留守番の間、悪さしてたんだねi-201
でもプリ.ベリちゃんにとっては
楽しい時間だったのかもね~i-278

メルセデスさんへ

ドラマを見ては泣き、本を読んでは泣き、
学校でもしょっちゅう泣いている様で・・・
感受性が強すぎて、夜中にうなされることも
あるのですが、
そうですよね、無神経よりは良いかな~
と私も思ってます。

うちはお出かけの時も自由にさせているので、
時々、帰ってくるとすごいことになってたりするんですv-356

ともえさんへ

ともえさんも子供の頃はもっとひどかったのかな。
みーは見えちゃうので、今は人前では口にしないように
なりましたが、小さいときには構わず見えたものを
口にしていたので、不気味がられたり、
嘘つき呼ばわりされてました。
背負って来ると、決まって頭痛と悪夢・・・
人ごみに出たときが特にそうなりがちで。
上救菩提しながら取り組んでます(^^;)

ワンコたちは一日、放っておかれて
退屈だったのかもしれませんねえe-343

ももっちさんへ

さっきはメールありがとネe-343

祖父の入院している病棟は老人ばかりで、
しかも祖父の病室は、危篤の一歩手前の
重篤な患者さんばかりのお部屋だったから、
今まで病院は病院でも、出産見舞いにしか
行ったことがないみーは、雰囲気のあまりの
違いに固まってたね。
でも、人の生き死にを教えるのには、
両方の経験が大切だと思ったから、
思い切って連れて行ったんだ。

プリ・ベリたちは、長い時間お留守番させると
時々やってくれるんだよね~v-356
でもまあ、二匹で楽しみながら遊んで待っていられるなら、
これくらいは許せちゃうかなってv-410e-266

それはみーちゃんも違う雰囲気と言うか重い空間だもの 緊張と何とも言えない気持ちになったろうね

大人でも重病人さんのお見舞いはだもんね

みーちゃんなりに色々感じたんだね
霊感強い方なんだね、私も子供の頃は特に感じてたわ今は私の子供も受け継いでる感じで妙に怖がりな時あるのよ
プリン&ベリーちゃん
やっちゃったね

らぶりんさんへ

そうよね、大人でも病院は気構えて行くもんね~
らぶりんさんも強いほうなのね。
お姉たんが特に怖がりさんなのは、
いろいろ感じやすいところからも
来てるんだね、きっと。
年齢と共に軽減されていくよね、きっと。
らぶりんさんも私もそうだったように。

プリ・ベリ、やってくれたわよ~v-356
まあ、朝から晩までお留守番だったわけだから、
大目に見てやったけれどねv-392

いい体験でしたね。

私も小さい頃、ひいオバアサンもいた家で育ち、
自分なりに、経験を積んだのかも知れません。
みーちゃんにとっても、いい体験でしたね。
何よりも、お年寄りを大事にしますからね!

我が家も、もう3年経ちますが、100歳を迎える年に亡くなった祖父が
入院して、やはり無菌室に入り、ホワイトボードに文字を書いて会話したり
好きな物が食べたいと言って、買いに行こうとしたのを思い出しました。
とっても元気だったのに、いきなり
「ちょっと霊界に行って来たけど、いい所だった。お迎えが来ているんだ。」
と言ってから、すぐでした。
私達の行く場所は、かなりいい所らしいですよ。
でもでも、みーちゃんのおじいさんは、長生きして欲しいですね!

さゆりさんへ

死の間際に自分の行くべき霊界を見てきたというプルーフをよく聞きますよね。
さゆりさんのおじい様もその体験をなされたんですね。

私の祖父も、もうそう長いことないと思います。
ブログには書きませんでしたが、寒修行の最中のある晩、
この祖父が夢枕に立ったんです。2時間くらい語り合ったような感覚でした。
そろそろお迎えが来るから準備を始めなくてはいけないから忙しくなるとか、
色々な人のところに挨拶をしにいかなくちゃいけないとかって言っていました。
実際にお見舞いに行った時には、起きていたかと思うと、次の瞬間には眠って・・・
の繰り返しで、時折、天井を見つめてはフーフーと息を吹きかけたり
(手は点滴の為にくくい付けられていて動かせないので)、
こちらには見えないものが見えている様子でした。亡くなった人の名前を色々と挙げてみたり。
たぶん、お迎えがすぐそこまで来ているのだろうと思いました。
徳のある祖父だから、そう悪いところへは行かないだろうと思ってます(笑)
少しでも長くこの世に居て欲しいと思う反面、これ以上苦しまないうちに、
お迎えが来てあげても欲しいと、両方が私の本心です。

みーには本当に良い経験になったと思っています♪

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。