プロフィール

みねる

Author:みねる
日々の些事を綴っています。
年月日に関係なく、関心のある記事がありましたらどなたでもお気軽にコメントして下さいネ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

フリーエリア

blogram投票ボタン

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

フリーエリア

新規モニター登録
現在の閲覧者数: FC2 Blog Ranking

http://ranking1.fc2.com/link/rankl.php?226823 マクロミルへ登録

QRコード

QRコード

FC2ブログジャンキー

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Wien留学時代の初日は散々でした。
でも、そのお陰で度胸がついて、どんどん積極的に現地の人と関わりを持って
馴染んでいけたのだと思います。今となっては良い思いで(*^_^*)

Wienの住居は、日本の語学学校で知り合った子が声楽の留学で一足先にWienに住んでいたので、
住居が見つかるまでは彼女のところに居候させてもらうことに決まっていました。

空港に着いたのは確か夜の10時近く。
荷物を受け取って足早にタクシーで友人の住むアパートへ向かいました。

ここで一つ、問題があったのでした。
彼女は声楽の合宿でSalzburg(ザルツブルグ)へ行っていて留守中でしたので、
アパートの部屋の鍵を大家さんに預けておく、ということになっていました。
が、日本でもドイツ語は勉強していたので、難無くクリアできるだろうと思っていざアパートへ。

日本と違ってオーストリアの集合住宅の多くは、アパートの敷地に入るための扉、
自分の部屋に入るための扉、と二重扉になっていて、
それぞれ鍵を使わなければ入れないようになっています。

幸いアパートの前に着いたら、そこの住人が外の扉を鍵を開けて入るところだったので、
私も後ろから付いて一緒に入りました。
大きなトランクをズルズルと引きずりながら中庭を抜けて建物の中へ。

自分が住むことになる部屋の前にトランクを置き、
友人から聞いていた大家さんの部屋の前に行き呼び鈴を鳴らす。

が、何度呼び鈴を鳴らすとも一向に出てきてくれない。
ドアをドンドンとノックしても全く反応なし。

30分は大家さんの部屋の前で呼び続けていただろうか。
もう夜の11時をまわっている。
いないのかな。私が今日来ること聞いてないのかな。朝までここにいなくちゃいけないの???

困り果てて、向かいの部屋の呼び鈴をならしました。
事情を話したら、大家さんはいるはずだから、と言って一緒に呼び鈴を鳴らしてくれましたが、
応答無し。

そしたら・・・警察に行って事情を話しなさい、と。
え~~~~~~~~~~~!!!
こんな見知らぬ町で、夜中に女の子(その当時は)がウロチョロしていたら
どんな危険に巻き込まれるかわかったものじゃない・・・
と思ったが、それより方法がないと思い、恐る恐る再び町へ。

もう怖くて怖くて半分泣きが入ってました。
やっとのことで警察に着いて事情を話すと、警官が一緒に来てくれるとのこと。

警官と一緒にアパートに戻りますが、当然、外の扉が閉まっているので入れません。
すると警官はアトランダムに住人の呼び鈴を鳴らし、
「警察だ。外の門のロックを解除しなさい」と言って開けさせて、中に入れました。

大家さんの部屋の前に行き呼び鈴を鳴らしても応答がないと、
ドアが壊れんかと思うばかりの力でドンドンと叩き、「警察だ。ドアを開けなさい」を連呼。

こ、これって、ちょっとまずくない!?と隣で冷汗をかいている私にお構いなく。
大家さんよりも近所の住人の方が何事かと、次々に出てくる。。。
そして10分くらいたったころだろうか、やっと大家さんが寝ぼけ眼でドアを開けた。

警官は事情を説明するとさっさと帰って行きました。
唖然としてしまい「Danke!」と言うのが精一杯でした。

が、その後が問題。大家さんは頭から湯気を出さんがばかりに激怒、
「何で警察なんか呼んだんだ~!!!」と。
一連のことを説明して何とかわかってくれたけれど。はあ。

鍵を受け取って部屋に入ったとたん、緊張の糸が切れて大声を上げて号泣。
30分は泣いてそのあと呆然としていたと思います。

はっとわれに返って時計を見たら、夜中の2時を過ぎていました。
両親にWienに着いたら電話すると言っていたので、慌てて電話をかける。

が、何度かけてもつながらず、早口のドイツ語で何やらアナウンスが流れるだけ。
もうクタクタになっていたので、いつの間にかそのまま眠ってしまいました。

目が覚めたのは朝の8時過ぎ。
もう一度日本への電話を試みてみるがやはり通じない。
が、よ~く流れるアナウンスに耳を傾けると、どうやら日本への電話のかけ方が変わったようでした。
夕べはもうクタクタで気力・体力を使い果たしていたので、アナウンスが聞き取れなかったようでした。

日本に電話をかけると、よほど心配していたのでしょう。
ワンコール鳴るか鳴らないかのうちに母が受話器を取りました(笑)

こうしてWien留学初日が明けたのでありました・・・

これだけのことがあれば度胸もつきますよね。
お陰でその後の異郷での生活には難なく馴染んでいくことが出来たのでした。

今、主人がアメリカに単身赴任中ですが、
よく人に「遊びに行けばいいじゃない」って言われますが、全くその気がありません。
私は英語はほとんど出来ないからです。
そしてwien初日のこの経験があるからです。
もし、ほとんどドイツ語が出来ないままwien初日に
この体験をしていたらいったいどうなっていたことでしょう。
そう考えると、言葉がわからない土地で何かが起こったときの事を考えると、
とてもとても英語圏には行く気になれないのです(笑)

スポンサーサイト

<< 謹賀新年 | ホーム | 良いお年を!(少し早いですが^^;) >>

コメント

異国初日の出来事・・・すごいですね・・・。私は、初めて行った外国がウィーンでした。ですからキラキラ~としたイメージしかないのですが・・・。いざ住んで何かするとなると、そう簡単にはいかないんですね。。。おつかれさまでした。ウィーンでは何を勉強されていたんですか?

れいこさんへ

コメント、ありがとうございます。
初めて行った外国がウィーンというのも珍しいのでは?
音楽に興味がおありなのかな?
留学はずいぶんと昔のことですが、今となっては良い思いでです。

そうです。ピアノの先生をやってます。黄金時代の、ドイツ音楽の中心地というか発信地でしたから、あこがれていました。。。街じたいが美術館のようで、素敵でした~。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。