プロフィール

みねる

Author:みねる
日々の些事を綴っています。
年月日に関係なく、関心のある記事がありましたらどなたでもお気軽にコメントして下さいネ。

カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

フリーエリア

blogram投票ボタン

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

フリーエリア

新規モニター登録
現在の閲覧者数: FC2 Blog Ranking

http://ranking1.fc2.com/link/rankl.php?226823 マクロミルへ登録

QRコード

QRコード

FC2ブログジャンキー

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Wien留学時代の初日は散々でした。
でも、そのお陰で度胸がついて、どんどん積極的に現地の人と関わりを持って
馴染んでいけたのだと思います。今となっては良い思いで(*^_^*)

Wienの住居は、日本の語学学校で知り合った子が声楽の留学で一足先にWienに住んでいたので、
住居が見つかるまでは彼女のところに居候させてもらうことに決まっていました。

空港に着いたのは確か夜の10時近く。
荷物を受け取って足早にタクシーで友人の住むアパートへ向かいました。

ここで一つ、問題があったのでした。
彼女は声楽の合宿でSalzburg(ザルツブルグ)へ行っていて留守中でしたので、
アパートの部屋の鍵を大家さんに預けておく、ということになっていました。
が、日本でもドイツ語は勉強していたので、難無くクリアできるだろうと思っていざアパートへ。

日本と違ってオーストリアの集合住宅の多くは、アパートの敷地に入るための扉、
自分の部屋に入るための扉、と二重扉になっていて、
それぞれ鍵を使わなければ入れないようになっています。

幸いアパートの前に着いたら、そこの住人が外の扉を鍵を開けて入るところだったので、
私も後ろから付いて一緒に入りました。
大きなトランクをズルズルと引きずりながら中庭を抜けて建物の中へ。

自分が住むことになる部屋の前にトランクを置き、
友人から聞いていた大家さんの部屋の前に行き呼び鈴を鳴らす。

が、何度呼び鈴を鳴らすとも一向に出てきてくれない。
ドアをドンドンとノックしても全く反応なし。

30分は大家さんの部屋の前で呼び続けていただろうか。
もう夜の11時をまわっている。
いないのかな。私が今日来ること聞いてないのかな。朝までここにいなくちゃいけないの???

困り果てて、向かいの部屋の呼び鈴をならしました。
事情を話したら、大家さんはいるはずだから、と言って一緒に呼び鈴を鳴らしてくれましたが、
応答無し。

そしたら・・・警察に行って事情を話しなさい、と。
え~~~~~~~~~~~!!!
こんな見知らぬ町で、夜中に女の子(その当時は)がウロチョロしていたら
どんな危険に巻き込まれるかわかったものじゃない・・・
と思ったが、それより方法がないと思い、恐る恐る再び町へ。

もう怖くて怖くて半分泣きが入ってました。
やっとのことで警察に着いて事情を話すと、警官が一緒に来てくれるとのこと。

警官と一緒にアパートに戻りますが、当然、外の扉が閉まっているので入れません。
すると警官はアトランダムに住人の呼び鈴を鳴らし、
「警察だ。外の門のロックを解除しなさい」と言って開けさせて、中に入れました。

大家さんの部屋の前に行き呼び鈴を鳴らしても応答がないと、
ドアが壊れんかと思うばかりの力でドンドンと叩き、「警察だ。ドアを開けなさい」を連呼。

こ、これって、ちょっとまずくない!?と隣で冷汗をかいている私にお構いなく。
大家さんよりも近所の住人の方が何事かと、次々に出てくる。。。
そして10分くらいたったころだろうか、やっと大家さんが寝ぼけ眼でドアを開けた。

警官は事情を説明するとさっさと帰って行きました。
唖然としてしまい「Danke!」と言うのが精一杯でした。

が、その後が問題。大家さんは頭から湯気を出さんがばかりに激怒、
「何で警察なんか呼んだんだ~!!!」と。
一連のことを説明して何とかわかってくれたけれど。はあ。

鍵を受け取って部屋に入ったとたん、緊張の糸が切れて大声を上げて号泣。
30分は泣いてそのあと呆然としていたと思います。

はっとわれに返って時計を見たら、夜中の2時を過ぎていました。
両親にWienに着いたら電話すると言っていたので、慌てて電話をかける。

が、何度かけてもつながらず、早口のドイツ語で何やらアナウンスが流れるだけ。
もうクタクタになっていたので、いつの間にかそのまま眠ってしまいました。

目が覚めたのは朝の8時過ぎ。
もう一度日本への電話を試みてみるがやはり通じない。
が、よ~く流れるアナウンスに耳を傾けると、どうやら日本への電話のかけ方が変わったようでした。
夕べはもうクタクタで気力・体力を使い果たしていたので、アナウンスが聞き取れなかったようでした。

日本に電話をかけると、よほど心配していたのでしょう。
ワンコール鳴るか鳴らないかのうちに母が受話器を取りました(笑)

こうしてWien留学初日が明けたのでありました・・・

これだけのことがあれば度胸もつきますよね。
お陰でその後の異郷での生活には難なく馴染んでいくことが出来たのでした。

今、主人がアメリカに単身赴任中ですが、
よく人に「遊びに行けばいいじゃない」って言われますが、全くその気がありません。
私は英語はほとんど出来ないからです。
そしてwien初日のこの経験があるからです。
もし、ほとんどドイツ語が出来ないままwien初日に
この体験をしていたらいったいどうなっていたことでしょう。
そう考えると、言葉がわからない土地で何かが起こったときの事を考えると、
とてもとても英語圏には行く気になれないのです(笑)

スポンサーサイト
12月に入ってから何だか忙しくて、
日記の更新もままならない感じで・・・

ってわりには大掃除も大して進んでいないし、
相変わらず咳がひどくてシンドイし、
年賀状だってやっと今日仕上がったばかりで。
ついつい娘や愛犬と遊びにふけってしまったり。

要領が悪いのでしょうね、きっと(T0T)

でも、今年を振り返ると、主人が単身赴任で色々大変だったけど、
全体的には素敵な年でした。

また、今までも細々とブログはやってきたけれど、
今年ほどネットの世界に積極的に入っていたことはなく、
気がついたらmixiも含めたら4つもブログを抱えていて、
たくさんの人との新しい出会いがあったり、
学生時代の友人と再交流を図れるようになったり、
とっても素敵な一年間でした。

特にエコーは私にとって何だろう、とてもホッとできるというか、
様々な個性の素敵なお友達と交流を持てて、
これからも出来る限り長く続けていきたい憩いの場となっています。

ここで出会った皆さん全員に感謝を申し上げます。
少し早いけど、来年もどうぞよろしくお願いしますね!
そして皆様、良いお年をお迎えくださいね~(^0^)/











パパのアメリカ土産とも重なって、
今年は何だか豪華になってしまいました。
インラインスケート一式、一輪車、そしてキッズ携帯。

インラインスケートはパパのアメリカ土産。
一輪車はじいじ・ばあばからのクリスマスプレゼント。
小学校3年生で一輪車は必修らしい。
幼稚園のお友達もボチボチ乗り出していて
娘も欲しがったので、この機会に贈ってもらいました。

携帯は一年生になるので、パパ・ママからのクリスマスプレゼントとして、
防犯ブザーとGPS機能を重視して選びました。
電話・メールの発着信制限、
ネットへの接続制限は欠かせませんが・・・


アメリカみやげ兼クリスマスプレゼント(?)は・・・

娘にはローラースケート一式、
私にはアイポットと安眠の友“メラトニン”を11ボトル、
その他ナッツ類やワイン、ベロがグロテスクな巨大牛タン・
生ハム・ベーコン、米国なのに何故かゴディバのチョコレート・・・USW。

ま、有難く頂戴いたしますぅ♪











アイポット、安眠の友“メラトニン”、
ローラースケート一式
アメリカなのに何故かゴディバ、
ナッツのピーカン、
生ハムとベーコン
ワインとシャンパン
巨大牛タン




主人が無事に成田に着いたとメールが来た。

雪の為、予定より2時間以上遅れての到着。

いつまでたっても到着の連絡が入らないので心配になって、
フライト情報国際線・到着全便のサイトを見て
到着が遅れているだけとわかり安心。
昔はこんなのなかったから連絡が入るまで心配したものだけれど、
便利な世の中になったものです(*^_^*)

一月中にはまたアメリカへ戻るでしょうが、
ひとまずクリスマスと年末年始は一家で過ごせそうです♪

明日・明後日は実家のほうへ帰ってきま~す。




(エコログ〔現ゆびとまNSN〕がシステムトラブルで、一定期間に投稿された日記の画像が消失!! いつでも引越しできるようエコログの日記をこちらに移行することのきっかけになった出来事。)

システムトラブルだとかで、画像が復旧できなかったものがあるのだって~?!

ホントだ、プロフィールの画像が表示されてない!

ひとまず、ヨハン・シュトラウスⅡさんに
この場をまかせましょう(笑)

そのうちまた、UPしますね~♪

幼稚園児の頃から漠然と、
「大きくなったらウィーンに住む」
と決めていた。何の根拠もなく。

「カルピス子供劇場」のCMで、
ウィーン少年合唱団がアウガルテン宮殿の
赤い絨毯が敷かれたらせん階段で歌う姿を見て、
「あの赤い絨毯の階段を登るんだ」と。
その頃は特にウィーン少年合唱団のファンでもなかったのに、
そう心に誓ったのは5歳か6歳の頃だったと思う。

次に具体的にウィーンを意識したのは
小学校4年生のとき。(2年生だったかも)

母が持っていたウィーンフィルによる
Johann StraussⅡのウィンナー・ワルツ集を聴いた時、
懐かしさ(?)で背中がゾクゾクして、
「やっぱりウィーンに行かなくちゃ」って思った。
Bachが好きなのに、何故かStraussにビビビと(笑)

が、成長と共に興味の範囲が広がり、
いつしかウィーンのことは忘れていた。
まあ、時々テレビなどでウィーンのことをやっていると
目をやったりしていたが。

昔は今と違って、英語は中学に入って初めて習う子供がほとんど。
中一になって初めての英語の授業。
『これで英語が読めるようになるんだ~!』と期待いっぱいで迎えた。
が、初授業どころかいつまでたっても“発音の法則”を教えてもらうこともなく、
英語は一単語ずつ発音を覚えるもの、と気づいたのは一学期も半ば。
『私のやりたい言語はこんなんじゃない』っていつもフラストレーションでいっぱいだった。
じゃあ、どんな言語がやりたいの?と言われても“これ!”と言えるものはなく、
ただ、読み方の法則があって、たとえ意味がわからなくても読める言語を求めていたようだ。

高校生の頃、竹宮恵子さんの『風と木の歌』を読んで、
今まで知らなかった世界を知って、そこからフランスに興味を持つように。

大学で第二外国語を選択するときに迷わずフランス語を選択。
が、すぐに後悔することに。
一応、法則もどきはあれど、あまりにも例外が多すぎるフランス語は私には合わなかった。

20歳の時に、友達にウィーン少年合唱団のコンサートに誘われた。
美しいボーイソプラノは嫌いじゃないし、まっ、行ってもいいか・・・
という軽い気持ちでコンサートに行き、これまで生きてきた中で一番の感激に浸った。
追加コンサートのチケットを買って、その後何度か聴きに。
最後には合唱団を空港までお見送り、なんてミーハーなことまで。

幼稚園の頃に何の根拠もないままに誓ったことが思い出され、
はっきりと「ウィーンに住んでみよう!」と決意。

まずは言葉、と思って初めて見たNHKテレビのドイツ語講座で再び感動。
『私が求めていたのはこの言葉かも』との確信を胸に、
本屋さんで初めてのドイツ語の参考書を購入。

ドイツ語の規則正しい法則に、『これだ!やっと見つけた!』と
涙が出るほど嬉しかった。

それからは大学の専攻の科目よりドイツ語の勉強に熱が入り、
語学学校にも通い、就職してからはひたすら貯金、貯金。

そうして、大学を卒業して3年がたった頃、
やっとウィーン行きのめどがついたのでした・・・

次回はウィーン留学時代のことを、
不定期で書いていきたいと思います。
ノロウィルスは2~3日で治ると聞いていたのに未だに不調。
吐くまではいかないのだけど、ムカムカが続いていて
何もする気になれない。
娘は軽症で済んだのがせめてもの救いだけど。。。

今日から冬休み。
でも“エンピツらんど”はあったので娘を幼稚園へ。
いまいち身に付いているのかわからないけど、
本人はわりと楽しいらしいので、
まあ、卒園までは続けさせようかと。




大掃除を始めると、不要なものがあれやこれやと出てきます。
また、捨てたくはないのだけれど、場所の問題で処分を考えなくてはならないものも。

私の雛人形もその一つ。
着物の染め元を営んでいた祖母に、
私が生まれた年に買って頂いたもの。
モノはかなり良いものらしいのですが・・・

娘の学習机を買ったら、置き場所がなくなり、
窓ガラスの4/5を塞ぐ形で部屋に置いてあります。
しかも写真の様に、上部は物置状態に。

雛人形は女の子が結婚するまでを見守るものとされているそうで、
そういう意味ではしっかりお役目を果たしてくれたわけだから、
思い切って処分しよう!と意を決したはずですが・・・

人形供養をしてくれるお寺に送って、
ガラスケースはクリーンセンターへ搬入して・・・
と考えていたのですが、
どうしても手放しがたくて。

祖母との思い出や、子供の頃の思い出が蘇ってきてしまいます。

整理・整頓、捨てるのが大好きで、物への執着は少ない方だと思っていたのですが
(主人には何でも捨ててしまう、とよく怒られますほど)、
雛人形にこんなに執着があったとは。

心が本当に納得するまで、
人形はダンボールに入れて保管して、
この大きなガラスケースだけ、ひとまず処分しようかな。

娘の雛人形はお雛様とお内裏様だけなので、
それならお嫁に持っていってもそう邪魔にならないでしょう。

長かった二学期も終わり、娘の幼稚園も今日は終業式。
ノロウィルスが猛威を振るっていて、お休みも多かったけど、
何とか無事に終了。

あと3ヶ月で卒園なんて。。。
1年生になるのが楽しみな反面、
ちょとだけ寂しい気も。

先日、薬の副作用で苦しんだのですが、
それが治まったと思ったら今度は胃腸にくる風邪。

ノロかどうかの検査は保険が利かず8千円くらいかかるので
受けなかったのだけれど、たぶんそうでしょうと。

娘より先にかかってしまうなんて情けない(T0T)

薬を飲んだらだいぶ症状が抑えられたけれど、
人に移してもいけないので、外出は控えます。。。
前回の風邪以降、咳だけが残っていました。
ここに来てますますひどくなるばかりなので
(新たに風邪を引いたのか!?)、
昨日、お医者へ。

「合わない薬はありますか?」

と聞かれて、抗生物質の“ミノマイシン”と答えました。
ミノマイシンを服用すると胃痛、吐き気、そして足が地に着いていないかのようなフワフワ感。
貧血で倒れる前の症状に似ています。

で、今回、処方された薬は、
抗生物質が“クラリシッド”、そして咳止めの“テオドール”

いずれも単独では処方されたことがあり、
飲んでも全く平気だったので、
まさかこの組み合わせで副作用が出るとは・・・

服用して30分もしないうちに強度の吐き気が・・・
3時間くらいはムカムカが続きました。
が、薬のせいか、それともノロウィルスも猛威を振るっているので
風邪によるものかの区別がつかなかったので、
次の薬のときにもう一度服用してみたらやはり強い吐き気が襲ってきました。
3~4回嘔吐し、3時間くらいすると治まりました。

これは間違いなく副作用だと思いネットで調べると、
“併用厳禁”ではなっかったけれど、
“併用には注意を要する”と書いてあり人によっては
副作用を生じると書いてありました。

薬の飲み合わせって、体に合わなかったりしたら結構怖いな~と思いました。
特にこのクラリシッドとテオドールの組み合わせは
乳幼児にも用いられることがあるので、
特に子供に処方されたときには注意深く見守らなければ・・・と思ったのでした。

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
今日は例の歯医者さんの日でした。

3mix-mp法(薬で治す無痛歯科治療)を併用しているとは言え、
それでも削るときは削るし、
型を取る時は唾液も飲み込めず、
口を開けて10分くらい不動でいなければならないし、
かなりストレス溜まります(^^;)

治療が終わったら何だか無性に買い物したくなって、
新しいカーテンやらテーブルクロスやら置き物
(飯能焼きで作った一輪挿しやおしょうゆ入れ)など、
少々買い込んでしまいました(*^_^*)

大掃除が終わったら、模様替えしよ~っと。

今日は娘の幼稚園がお休みだったので、
苑へ帰ってきました(常楽会)。
午後は歯医者さんへ。

削ったり型を取ったりで、
気が休まる間もなく、肩がこってしまったわ。。。
全部3Mix-mp法で治療できれば良かったんだけどね・・・



今日は幼稚園のクリスマス会でした。
良い席を取るために、5時過ぎから完全防寒で
開門の8時まで並びました。

娘は司会のお役も頂いて、
頑張って席を確保した甲斐がありました。

合奏は「君の瞳に恋してる」
ドラムの子は相当練習したんだろうな~。

娘のクラスの演目は「いばら姫」
要は眠れる森の美女。
娘は呪いをかける「闇の仙女」

予想以上の演技力に驚きました(*^_^*)
悪役、娘にピッタリでした。

これで幼稚園のクリスマス会も最後だと思うと
ちょっぴり寂しいな(*^_^*)

キリスト教の幼稚園なので
「生誕劇」を演じたクラスは衣装もセットもかなり凝っていました。

みねるは仏教徒のくせに子供をキリスト教の幼稚園に入れた変な奴です(笑)

目に見えないものも(神様・仏様・ご先祖様・人の気持ちなど)
大切にする感性を育てたかったから宗教色のある幼稚園に入学させたのです。

それにしても長い一日だったわ。。。






今日のプリンは散歩にも行きたがらず
ウダウダモード。体調は良いのだけどね。
犬にもこんな日があるのね。

話は変って明日は幼稚園のクリスマス会。
今年で最後なので、ちょっと力を入れて
最前列を狙おうかと。
朝の5時半から並ぶ予定です。
園の開門は8時です。

写真は私ではありません(笑)
娘に明日、私がする格好をさせて撮りました。
帽子にマスクにグラサンまでして完全防寒で
臨む予定です!
最近、日記に何を書いたらよいか、
何を書きたいのか、頭の中がグチャグチャで、
途中まで書いて辞めてしまったり・・・

これってスランプ?

まあ、こんな日もあろう。
エコ友さんのところへは遊びにいかせてもらいますね~!

“叱る”は子供の身の危険の恐れがある時や
人としてのモラルを正してしつける時、
“怒る”は親の感情をぶつける(時にはストレスのはけ口だったり)だけ・・・・
そんな言葉をよく耳にします。

今日は完璧に後者。
“怒”ってしまった。

幼稚園のクリスマス会(お遊戯会)を間もなくに控え、
風邪を引かせてはいけない一番大事なとき。
ここ数日、子供の体調管理に私自身、ピリピリ神経を張り巡らせていました。

薄着のままトイレに行って戻ってこない娘。
心配になって見に行くと、トイレの壁に貼ってあるカタカナポスターを
声に出して読んでいました。

いつもなら「お勉強してるのね、エライね!」って褒めてあげるところ、
今日は「何やってるの!?風邪引いたらどうするのよ!
クリスマス会出られなくて良いわけ?何て馬鹿な子なの!?・・・usw.」と
いつまでもネチネチといびるように。
完璧に感情むき出しで。

怒りつけているときには夢中で“怒る”と“叱る”の違いを区別する
心の余裕なんてないのだけど、せめて、怒っている途中でフッと
冷静になれる自分になりたいな...ならなきゃね!

子育て中の人って、こういうことよくあるのかな。
自分だけかな・・・
とにかく反省の今日なのでありました。
大学時代の恩師の訃報の知らせが届きました。
蘇る懐かしい時代。
そして時の流れを感じます。

先生、長い間お疲れ様でした。





* 鈴木 亨氏(すずき・とおる=詩人、詩誌「木々」主宰)9日午前6時48分、肺炎のため東京都多摩市の病院で死去、88歳。横浜市出身。自宅は東京都国分寺市本多5の23の17。葬儀・告別式は12日午後零時半から東京都国立市中1の7の14、日本基督教団国立教会で。喪主は妻〓(外字、山カンムリに律)子(りつこ)さん。

(共同通信社)




娘は何歳まで、ママと一緒に歩いてくれるかな~
なんて考えていたときにカタログで見つけたお揃いのセーター。
思わず衝動買いしちゃった(*^_^*)
クリスマスに着たいな。。。
今日は私は娘を両親に預けお寺へ。
アメリカの主人は今日は会社のクリスマス会だったそうで。

くじ運が全くと言ってよいほどない主人が、
珍しく2等が当たったらしいです。

景品はたいそう立派なホームシアターセットだったそうだけど、
日本に持って帰るのも一苦労だからということで、
現地の社員に譲ってしまったそうで。

う~勿体ない~!
いつかは欲しいと思っていたものだけに非常に残念だけど、
でも、まあ、それで“徳”を使い果たして
日本に帰って来られなくなっても嫌だから、
諦めましょう(T0T)

よく聞くじゃな~い?
高額宝くじが当たった途端にとか、
立派な家を建てたとたんに死んじゃったとかって話。

アレって、自分の“徳”を使い果たしちゃった人なんですってね。

ホームシアターセットくらいで“徳”使い果たして死ぬことはないだろうが、
そのまま現地で駐在員になってくれなんて話になっても困るし。

現に、数十万円の高圧電位治療器エナジートロンを買ったその日に、
主人のアメリカ単身赴任が決まったいう経緯もあるし。

って言うか、そう思うようにしないと、
つい、“惜しい”の心がムクムクと出てきてしまう私なのでした・・・

煩悩からの脱出は難しいです(*^_^*)




今日はじいじ・ばあばが来るので、
少し多めに収穫。お土産に持って帰ってもらおう。

大根、レタス、かぶ、白菜。

借り畑とは言え、土に紛れて畑仕事とは、
丸の内のOL時代には考えもつかなかったこと。

でも、今は、これがなかなか楽しい♪




娘へのクリスマスプレゼントはauのキッズ携帯に決めました。
買ってきてさっそく諸設定(アドレス登録している人との間でしか
電話もメールも送受信できないとか、
ネットの規制などなど)をしていて、
間違って防犯ブザーを押してしまいました。

防犯ブザーが鳴ると主人と義母と私の携帯に緊急メールが届き、
GPSで地図が表示されるように設定しておいたので、
アメリカの主人と、東京に住む義母を驚かせてしまいました(^_^;)

立て続けに電話が鳴り、主人なんてアメリカから国際電話をかけてきて・・・・。

子供のうちから携帯を持たせるのも賛否両論あると思いますが、
この物騒なご時勢、万全にしていたって何が起こるかわからない世の中を考えて
携帯を持たせることに決めたのですが、
こうやって操作を間違えたりして身内を驚かせて、
何だか文明の利器に振り回されている気もしました。




3日前、娘をお風呂に入れていたときに、
全身に20箇所くらい発疹ができているのに気がついた。
小さく水泡になっているものもある。

とうとう水ぼうそうにかかったと思った。
かわいそうに、あんなに張り切っていた来週のクリスマス会、
出られないじゃないと思って、娘を慰めていた。

が、翌朝までに8割以上がすでにかさぶたに・・・
念のため幼稚園を休ませて一日様子を見た。
発疹は増えるどころか、残りの発疹も全てかさぶたに。

そして今日、医者に連れて行くと、はっきり水ぼうそうと断言できないが、恐らくそうでしょう。予防接種をしていたから治りが早かったとも考えられます。かさぶたになっているので、幼稚園に通って構いませんよ、と。

三日で水ぼうそうが治る?
でも、おたふくも予防接種を受けていたから3日で治ったけど。

任意の予防接種も受けておいて正解だったということか。
が、おたふくのときもそうだったけど、それが本当におたふくだったのかどうか、今回の水ぼうそう(?)も、本当にそうだったのか、お医者でも断言できないのは、親としては何となく消化不良なのだが・・・

明日から幼稚園には行かせようと思う。お医者が言ったのだからいいんだよね?って気持ちです。

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
娘の看病をしながら、
背中がゾクゾクしたり、顔が火照ったり・・・
え?更年期?もう?
早い人は30代前半でも始まるというし・・・
何て思ったりしてた今日一日。

熱を計ると37.36℃ほど。
(熱を測るのにもいつも婦人体温計を使ってます。
表示が細かくて便利なので)
高温期だからこれくらい当たり前。
やっぱり更年期・・・

と思っていたら、
さきほどあまりに火照るので
もう一度熱を計ってみたら37.79℃。

こうなるともはや高温期だからではないようで。
早くも娘の風邪がまた移ったか?!
更年期でこんな熱でないよね
ってネットで調べたり・・・

やはり風邪のようで。
なんて免疫力の無い私でしょう、トホホ。

明日もプリンのお医者と自分の歯医者もあるのに・・・
またもや予定変更の予感です。

みなさまも風邪にはお気をつけくださいね!
おやすみなさいzzZZZ

今日は卒対(卒園対策委員)の4回目の会合の日。
今回は11/27の日記“薪ストーブの家”
お宅を借りての会合。

なのだけど、娘が発熱と腹痛で幼稚園をお休み。
水ぼうそうの疑いもちょっとだけあり。
ついでにプリンまで嘔吐と下痢。
(↑いつもの食あたりと思われます。
夕べ、娘が床に落としたお肉をすかさずパクリ)

今日は小児科と動物病院へ行くことにして
予定を変更です。
まあこういう日もあろう。。。

| ホーム |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。